FC2ブログ

投資の未来予測は立たない

投資信託についての話がいくつか掲載されていましたが、
偶然でしょうか、積立投信と、一括投信、
どちらがいいかという話が続いていました。

金融商品を買ったり売ったりするのを考えるとき、
その根拠にするのは、さまざまな情報だそうです。

今が売り時かどうか、
自分なりのソースで得た情報で、
判断して実際に手放したり、購入したりしますよね。

しかしそれが信頼できるかどうかは誰にもわからないです。

物事が起きてみないとわからない。

予測してこうくるだろうと思っても、
事実になってみないと本当のことはわからないというのは、
なかなか難しいですね。

しかしそれだから、
関わるひとたちに利益がもたらされているのですから、
そういう性質のものとして、
勉強と思って関わるのがいいのでしょう。

-----------------------------------------

投資の世界に住んでいると、最初は人間不信になるかもしれません(笑)。
そのくらい嘘の情報が当たり前のように流れ、「予定は未定」とばかりに予定が大幅に遅れることも珍しくありません。
信頼できると思っているメディアでさえ間違えた情報が流れることもあります。
ニュースに関しても「都合のいい部分だけ切り抜く」と言うことを見たことがない方は少なくないでしょう。
この世界は魑魅魍魎です。
必ず情報の出所はどこか? 都合のいいように解釈していないか? 確認しましょう。

(仮想通貨 Watch---2019年5月13日)
-------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

老後資金は人によって違う

老後資金の貯蓄を増やす方法、
というのがしばしば目につきます。

今、日本は元号が変わり、
なんとなくみんな浮足立った感じがありますが、
経済状況はぜんぜん変わっていません。

ですが、令和になっても
個々の経済状況は変わりません。

いっとき、元号が変わった・10連休だ、っていうことで、
少し消費が増えたとしても、ほんとうは何も変わらないです。

だからいま何が必要かといえば、
自分のお金の状況をもういちどとらえなおして、
どうすることが老後資金に結びつくのかを考え直すことだと思います。

人によって貯蓄できる金額は違うし、
理想的なプランをあげられても、
そのとおりにお金を移動していけるかといえば、
それは人によって大変違います。

銀行に預けても多くの利子は得られませんが、
普通預金はすぐ必要なお金を手にすることができます。

どのくらいを「老後資金」にできるか、
見定めることが令和開始のいま、
国民全員がすぐできることなのでは、と思います。

-----------------------------------------

老後資金の貯蓄を増やすおすすめの方法
今は金利がかなり低いため、「普通預金として銀行に預けて多くの利子を得る」ということはできません。スーパー定期を利用したとしても、金利水準は0.001~0.02%ほどでしょう。そこで、資産運用をしてお金を増やすという手も考えてみてはいかがでしょうか。

なかでも国内株式の売買手数料は、ネット証券の価格競争の影響で値下がりの傾向がみられます。買付手数料が無料の投資信託も数多く存在しており、投資環境は以前よりかなり良くなったと言えるでしょう。

(LIMO(リーモ)---2019年5月2日)
-------------------------------------------------

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

NISAの所得税対策の有用性

投資信託と定期預金、
そしてNISAをつかった積立投資を比べる記事は、
あまりわかりやすいとは思わないです。

NISAは、利益に税金がかからないというのは知っていますが、
それがどの程度のものなのかは、
なんだかピンときませんでした。

どのくらいの利益があるかは、
自分がお金を持っていてやるんだったら想像をいろいろするでしょうが、
ネット上の記事や書籍でのシミュレーションは、あまり現実味がないのです。

でも、今回の、
毎月3万3000円をずっと積立していったらどうか、
という具体的な話には、
納得がいってしまいました。

毎月3万3000円を積み立てられるなら、
わたしもこれなら、間違いなくNISA口座で所得税対策をしながら、
積立をしますね。

それにしても、20年後に
1504万0332円にもなるなんてスゴイですね。

この試算をもっと早くに見ていたら
私ももっと早い時期から積立投信をしていたでしょうね。

若い人には、この試算の数字を見て
是非、早くから積立投信をやって
自分年金を積み立ててほしいですね。

-----------------------------------------

まず定期預金は、0・01%の利回りとすると792万7839円です。 約792万8000円という金額を見て、「お、意外と貯まるもんだ」と思った方もいらっしゃると思います。 けれど、毎月3万3000円を20年間積み立てた時の元本部分は、3万3000円×12カ月×20年ですから、792万円。つまり、リターンはたったの8000円弱しかありません。8000円から税金20%を引かれてもあまり痛くはないでしょう。

しかし、次の利回りだとしたらどうでしょう。 投資信託で、6%の平均リターンができたら、20年後には最終的に792万円が、なんと1504万0332円にもなるのです(非課税計算)。 この利益を税率20%で計算すると、140万円以上も税金をおさめなければいけないのですから、いかに、この制度が大盤振る舞いであるかが、わかるのではないでしょうか。

(ダイヤモンド・オンライン---2019年4月24日)
-------------------------------------------------

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

電子マネー詐欺にひっかからないため

コンビニでお金をだましとられる、
そのために電子マネーが使われる、
という事件が増えている、というか、
以前からあるものが、巧妙化したり、
グローバルになったり、しているようですね。

少し前にテレビで見たのは、
日本はそういった犯罪の刑罰が軽いので、
海外をターゲットに詐欺を行うために、
わざわざ日本を拠点に犯罪を働いていたとか。

日本はゆるいと認識されているのであれば、
このような犯罪が減るわけがありません。

被害にあうのも、以前であればターゲットは老人という感じもありましたが、
いまはそうでもなく、電子マネーにうとい人なら
すぐに引っかかってしまうようなものが多い気がします。

例えば、nanacoカードの裏の番号の意味など、知らないひとも多いハズ。

それ以前にやはり、
自分に見に覚えがあるかどうか自信がある程度には、
利用しているサービスについてしっかり把握しておくべきでしょうね。

-----------------------------------------

新潟県在住の男性(60代)は被害に遭った後、警察に相談した。

今回発覚した事件で、nanacoギフトカードを悪用されたセブン&アイ・ホールディングスは
FNNの取材に対し「実態としては把握はしているものの、調査中のためコメントできない」と回答した。nanacoギフトカードについては、販売予定数量に達したため16日早朝に販売を終了することにしている。

(www.fnn.jp---2019年4月14日)
-------------------------------------------------

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

au WALLETポイントで投信

私はauユーザーでないので知りませんでしたが
「au WALLET ポイント」というのがあって、
それを使って資産運用を疑似体験する
「au WALLET ポイント運用」というサービスだ出来たそうです。

楽天のポイント投信は、楽天ポイントを使って
資産運用を体験できるサービスがだいぶ前からありますね。

それで利益があったら、そのやり方を学習して
将来の本当の投信に備えられるのかもですが、
au WALLET もそういったサービスをはじめたとのこと。

KDDIアセットマネジメントという金融会社が系列にあって、
そこが管理をするようなので、
ポイントでの投信を越えたら
本物の投資信託へ移行させていこうという方向があるのかもしれませんね。

アプリを通じて行える手軽さは、若い人にも試しやすくてよさそうです。

KDDIはauウォレットのクレジットカードもあるし
じぶん銀行という銀行運営もしているし、
金融サービスの展開にも力を入れていますよね。

ちなみに、ポイントでの資産運用は、
楽天スーパーポイントの他にも、
dカードのdポイント、
セゾンカードの永久不滅ポイント、
などもやっていますよね。

-----------------------------------------

KDDIは4月4日、同社の提供する「au WALLET ポイント」(以下、ポイント)にて、資産運用を疑似体験する「au WALLET ポイント運用」(以下、auポイント運用)のサービス開始を発表した。4月9日よりオープン予定の「au WALLET ポイント運用サイト」および「au WALLET アプリ」を通じて利用可能となる。

(仮想通貨 Watch---2019年4月4日)
-------------------------------------------------

テーマ : ゼロからの資産作り
ジャンル : 株式・投資・マネー

ソニー銀行の投資信託追加

ソニー銀行は、いろいろなサービスを展開していて、
手数料が安いのが特徴なイメージを持っています。

ネットバンクはどこもそうですが、
中でも、よく利用している人にも出会うので、
プロモーションがちゃんとしていながらも
手数料が安く、かなり良心的な感じですよね。

最近では、投資商品にも力をいれていて、
3月20日からは、新しく5つのファンドの取引をはじめたとか。

今回とりいれられたのは、
インパクト投資、リゾートやセキュリティーをテーマにしたもの、と、
特徴のあるファンドが集められたそうです。

テーマ性のある投信は、
ブームになることが多い印象ですが、
例えば介護や老人をテーマにしていると、
分野は変われど長く続く投資信託になるのが予想されます。

今後ながく続けていきそうな分野を見極めて
積立投資を、早いうちからできたら、
今後の日本の状況ではかなり有利になっていくかもしれないですね。

-----------------------------------------

ソニー銀行株式会社は、2019年3月20日(水)より、新たに5ファンドを取り扱い投資信託に加え、販売を開始した。

ソニー銀行によると、今回は実績ある長寿ファンド、 いま話題の「インパクト投資」、 リゾートやセキュリティをテーマにしたものなど、 投資するのが楽しくなるような、 特徴のあるファンドを追加した。

(投資信託の投信資料館---2019年3月19日)
-------------------------------------------------

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

年会費無料でおすすめのクレジットカード

新社会人の方はそろそろ職場にも慣れ、
配属先も正式に決まって、
さあこれからだ仕事に向かって新たに気持ちを入れなおしている人もいるのでは。

ゴールデンウィークが終わって1ヶ月がたち、
次の長い休みは夏休み・お盆休みですが、
その前に初のボーナスももらいますし、
海外旅行や国内旅行を計画している人も多いと聞きます。

新社会人になり収入も安定して得るようになると、
人生初のクレジットカードを作る人も多いですよね。

夏休みに海外旅行を計画している人は、
是非、今のうちにクレジットカードを作っておくといいです。

海外では、支払いは現金ではなくカードがメインですから。

では、どういうクレジットカードを作ればいいのかというと、
やはり年会費が無料で、ポイント還元率が高い、
そして海外旅行のためのクレカなら海外旅行保険が付いているとなおいいですね。

それと、アメリカに行くならアメックスブランドが一番加盟店が多いですし、
アメリカ以外ならVISAかMasterCardがいいです。

日本のカードブランドのJCBも海外の加盟店をかなり増やしてきましたが、
海外の地方などへ行くと加盟店が少ないという難点があります。

海外旅行はクレジットカードを作る一つのきっかけですが、
社会人でしたらやはり一枚は持っておくといいです。

クレジットカードにはいろいろな種類のカードがあり、
特典などもカードごとに様々な特徴があります。

そういうクレジットカードの特徴などを分かりやすく紹介しているのが
こちらの【おすすめクレジットカード・主に年会費無料を選抜】です。

年会費無料のクレカ以外にも、
年会費が高くてステータスが高いゴールドカードやプラチナカードというクレカもありますが、
そういうカードはもう少し年収が上がってから作るといいですよ。

テーマ : クレジットカード
ジャンル : ファイナンス

高速道路パーキング等で電子マネー

高速道路でETCカードを持っていれば、
何で支払うかとかあまり考えないと思いますが、
わたしは、あまり利用機会がないので、
現金で通ることが多いのです。

使える場合は、クレジットカードを使うこともあります。
結構、金額が大きくなることもあるからです。

あと、パーキングとかの支払は完全に現金になりますね。
それほど高額な買い物をするわけではないからでしょう。

ただ、高速道路に関連する決済で、
電子マネーが使えるとうれしいとは思います。

オートチャージ式であれば安心ですし、
後払い式なら、いつものとおりに決済するだけなので、安心です。

鳴戸や瀬戸のほうでは、WAON、iD、楽天Edyや
交通系電子マネーで決済できるサービスが登場したとか。

細かいお金もいつも通りに電子マネーで使えたら、
車中でばたばたしたりしなくて済むのがよいと思います。

-----------------------------------------

JBハイウェイサービスは、3月16日から本州四国連絡高速道路管内のSA(サービスエリア)/PA(パーキングエリア)において、電子マネーが利用できる店舗・コーナーを拡充する。

 利用できる電子マネーは、WAON、iD、楽天Edy、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん。PiTaPaには対応しない。

(トラベル Watch---2019年3月14日)
-------------------------------------------------

テーマ : 地域情報
ジャンル : 地域情報

LINEポイントが貯まるLINEショッピング

LINEショッピング、というのは、
LINEのショッピングモールをつくる、ということではなくて、
LINEのポイントを得られる、ということなのですね。

どこかのクレジットカードでもときどきありますが、
そこを経由すると、どこかのショッピングモールのポイントが何倍かプラスされる、
というサービス、たまにあります。

ただ、つい面倒で、そこを経由するのを忘れるのがネックです。

しかし、LINEのポイントが貯まるのは、
LINEスタンプで使えるとかいろいろメリットがあるので、
貯めたい人は多いかもしれません。

100円1ポイントですから、それなりに貯まりやすいのでいいですね。

それでもわたしはあまりLINEでの利用方法がないので、ピンとこないこともあります。

貯めた後に交換で普段使うようなポイントに替えられたら便利かもしれないです。

-----------------------------------------

「LINEショッピング」を経由して買い物をすると、判定を経て後日LINEポイントが貯まる。判定期間(商品購入からポイント付与までの日数)は利用するショップによって異なり、多くは30〜60日程度だが、最長で190日かかる場合もある。判定の状況はマイページの注文履歴で随時確認できる。

(マイナビニュース---2019年3月7日)
-------------------------------------------------

テーマ : ネットでお買い物
ジャンル : ライフ

カードがなくても後払いサービス

クレジットカードがなくても
後払いできる決済サービスを使える店が増加している、
ということで、こういうサービスが向いている人として、
カードの審査が通らない人や、
カードのっ限度額に達してしまった人、
とされているのですが、
そういう方も使えるサービスって大丈夫なのでしょうか。

限度額を超えるほど利用しているうえに、
さらに後払いって、自分にも、
それをさせる会社にも、危険な気がしてしまいますね。

そうでなければ、コンビニでも36回払いができるというし、
そういう決済方法がなければ実現しない買い物もあるかもなので、
あることは歓迎なのかもしれませんが、
実際の利用としては、ちょっと不安が残る気がします。

上手に使って、自分のためになるようにしていきたいですよね、支払い方法は。

-----------------------------------------

Paidy(ペイディー)が提供する「Paidy翌月払い」は、伊藤忠商事や三菱UFJ銀行、リクルート、Visaなどが出資するサービス。ラクマ、エアトリ、DMM.comなど、同社によると70万以上のサイトで利用できるとのことで、複数のサイトで1カ月に買物を何回しても、支払いは翌月1回にまとめられる。

36回まで分割払いも可能な「Paidy」
代金については、コンビニ払い、銀行振込の場合は翌月10日までの支払いとなり、口座振替の場合は原則として翌月12日に引き落とされる。なお、コンビニ払いは1回につき350円の支払い手数料が必要。セブン-イレブンは非対応となっている。

(マイナビニュース---2019年2月21日)
-------------------------------------------------

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR