FC2ブログ

投資信託協会の投信フォーラム

あたらしいことを学ぶには、
セミナーを受けるのはたいへん近道です。

素人が長年かかっても得られるかどうかわからない、
貴重なノウハウを直接その分野の先立つ人から
教えてもらうことができるからです。

投資信託協会というところでは、
全国で投信フォーラムを開催しており、
1月には愛媛県で行われるとか。

こういったセミナーは首都圏ではよくなされていると思いますが、
地方都市ではやはりそれほど多くないので、
そちらの方面のかたには貴重なチャンス。

この機会に、普段は聴けないことをたくさん聴いてみようと準備している方も多いでしょうね。

そういえば、私が積立購入しているセゾン投信のセミナーが
先月、地元であったのですよね。

行きたい気持ちはあったのですが、
仕事を終えてから車で1時間かけていくのが
ちょっと億劫で、結局、行きませんでした。

-----------------------------------------

投資信託協会では、資産運用の有効な手段である投資信託について知識を深めてもらうため、全国各地で「投信フォーラム」を開催しており、2019年1月19日(土)は、愛媛県松山市で開催される。

セミナーは、2部構成となっており、第1部が地元松山在住で、愛媛新聞にて創作童話「かなしきデブ猫ちゃん」を連載中の小説家 早見 和真 氏による「『かなしきデブ猫ちゃん』勝負の年となりました。」と題しての講演が開催される。

(投資信託の投信資料館---2018年12月2日)
-------------------------------------------------
スポンサーサイト

テーマ : 初心者の株式投資
ジャンル : 株式・投資・マネー

利用限度額無制限のクレジットカード

クレジットカードの利用限度額は、
私の場合、普通の額だと思います。

あるカードは30万、
あるカードは100万。

これは、こちらの働いている状況とかが審査されて、
その枠ができるということですよね。

特に増やそうと努力したことはないので、
それが多いとどういうことなのか、
多くても少なくても、
それほど影響のない使い方しかしてこなかったため、
ぴんとこなかったのですが、
ブラックカードのような「利用限度額が無制限」というカードについて、
「四次元ポケットのように無尽蔵に使える」
と解説しているひとがいて、なるほどと思いました。

もちろん、返済能力があればということですが、
返済能力がある、ということでそのように設定されているので、
利用する人はなにも考えずにどんどん使って大丈夫ということですよね。

いまわたしは、QUICKPayを利用しはじめたところで、
まず考えにくいことですが、
もしも利用限度額まで、知らないうちに使ってしまったらどうしよう・・
とちょっとだけ心配しています。

そういうのとはスケールが違う話ですね。

-----------------------------------------

「最強」といわれる理由のひとつに、利用限度額が決められていないことが挙げられる。

「引き落とし口座に事前入金(デポジット)しておけば、その額まで利用できます。1000万円でも、1億円でも。まるでドラえもんの四次元ポケットです」(カード業界関係者)

(livedoor---2018年11月28日)
-------------------------------------------------

テーマ : クレジットカード
ジャンル : 株式・投資・マネー

ビットコインで損している人

”原油、社債となにもかもが値下がり”という一文がありました。

そうなんですね・・原油が値下がりしているのですか。
あまりニュースをチェックしていないので知らなかったです。

ですが、灯油もガソリンもあれほど高いのはなぜなのか・・?

金融にはやはり疎いままなので、
どうしてそういう値段がついているのか、わからないですね。
きっとなにかがあるのでしょうが。・・

そういうので損失をこうむっている人は確かにいるでしょうが、
資産を増やすために自分で決めて投資して、
それで損失が出ているのは、
わたしとしてはあまり同情する気にはならないですが。

それより、資産を増やそうと試みて、
どうみても実直ではないビットコインに手を出して、
損失をこうむっているひとには同情します。

これを機会として、次はもっと堅実な方法を検討するとよいと思います。

-----------------------------------------

このところは株から原油、社債と何もかもが値下がりし、損失を被っている人は多いだろう。しかし最悪なのはこの人たちだ。これは過去1年で最悪のタイミングだった取引の一つだろう。

  昨年12月18日、仮想通貨ビットコインの急落が始まる前日、ビットコイン投資信託であるグレースケール・ビットコイン・インベストメント・トラスト(GBTC)の純資産額に対するプレミアムは100%を超えていた。この日に同投信を買った人は、2万ドル(現在の為替レートで約226万円)弱で取引されていたビットコインに4万ドルを払ったことになる。

(ブルームバーグ---2018年11月21日)
-------------------------------------------------

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

元本確保の投資信託商品

投資信託の、貯蓄との一番の違いは利益を目的としているところ。

貯蓄とは違って、投資して利益を出したいのですから、
当然、リスクとして元本確保ができないこともある、
ということは理解しておく必要があります。

逆に、投資をしていながら、
元本確保もしたいというのは
ある意味、本質と違っている気がします。

元本確保したいなら、
元本確保が前提のお金の確保の仕方をすればよいと思うのですが、
やはり両方のよいところを同じ資金から得たい人がいるのは仕方ないですよね。

それに合わせた商品が
徐々に整ってきているのはよいことだと思います。
もっとそういう商品のプロモーションをしてほしいと思います。

ただ個人的に思うところとしては、
リスクのないところにリターンはないわけですから、
元本確保となるとリターンもかなり低くなる、
ということになるのではないしでしょうか。


-----------------------------------------

投資信託販売の苦戦が続いている。2019年3月期に入ってから上場投資信託(ETF)を除いた公募株式投信の月間の販売額は2兆円の大台に一度も届いていない。そんな中、「元本確保」をうたう投信に人気が集まっている。相場の不透明感が高まっていることから、元本確保を打ち出すことで、個人投資家の安心感を誘う効果があるようだ。

(日本経済新聞---2018年11月8日)
-------------------------------------------------

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

投資信託と無理ない資金

貯蓄と投資、
どういうお金にするかは
プランを考えることが大事ですね。

まとまったお金にしたい、
と思っていても、余裕のある資金でないと、
なにかちょっとしたことが起こったときに、
つい使ってしまうということもあります。

どうしても必要なことであれば
それは、無理してとっておくことはないですし、
手持ちの資金を使っておくのがベストではありますが、
これが投資信託だと、
一度お金にするために解約してしまったりすると、
手数料などが発生して実際にはマイナス、
などということにもなりかねません。

ちょっとしたいざというときに、
手を付けないでもいられるお金なのであればいいですが、
そういった分が確保できないのであれば、
投信の資金として割り当てるのはもしかしたら、
尚早なのかもしれないと思います。

-----------------------------------------

 まず必要なのは、いわゆる生活防衛資金です。病気やけがで働けなくなったり、急に仕事を辞めなければならなくなったりするような緊急事態に備え、手取り収入の半年分程度は、すぐ引き出せる普通預金にためましょう。
 次に、10年未満に使う予定がはっきりしているお金です。例えば車の買い替え資金や旅行資金などがこれにあたります。これらのお金も大きく目減りしたら困りますので、銀行の定期預金など元本割れしないところに置いてください。

(@S[アットエス] by 静岡新聞---2018年11月3日)
-------------------------------------------------

テーマ : マネー・貯金
ジャンル : ライフ

年会費無料でおすすめのクレジットカード

新社会人の方はそろそろ職場にも慣れ、
配属先も正式に決まって、
さあこれからだ仕事に向かって新たに気持ちを入れなおしている人もいるのでは。

ゴールデンウィークが終わって1ヶ月がたち、
次の長い休みは夏休み・お盆休みですが、
その前に初のボーナスももらいますし、
海外旅行や国内旅行を計画している人も多いと聞きます。

新社会人になり収入も安定して得るようになると、
人生初のクレジットカードを作る人も多いですよね。

夏休みに海外旅行を計画している人は、
是非、今のうちにクレジットカードを作っておくといいです。

海外では、支払いは現金ではなくカードがメインですから。

では、どういうクレジットカードを作ればいいのかというと、
やはり年会費が無料で、ポイント還元率が高い、
そして海外旅行のためのクレカなら海外旅行保険が付いているとなおいいですね。

それと、アメリカに行くならアメックスブランドが一番加盟店が多いですし、
アメリカ以外ならVISAかMasterCardがいいです。

日本のカードブランドのJCBも海外の加盟店をかなり増やしてきましたが、
海外の地方などへ行くと加盟店が少ないという難点があります。

海外旅行はクレジットカードを作る一つのきっかけですが、
社会人でしたらやはり一枚は持っておくといいです。

クレジットカードにはいろいろな種類のカードがあり、
特典などもカードごとに様々な特徴があります。

そういうクレジットカードの特徴などを分かりやすく紹介しているのが
こちらの【おすすめクレジットカード・主に年会費無料を選抜】です。

年会費無料のクレカ以外にも、
年会費が高くてステータスが高いゴールドカードやプラチナカードというクレカもありますが、
そういうカードはもう少し年収が上がってから作るといいですよ。

テーマ : クレジットカード
ジャンル : ファイナンス

人生100年時代の投資

人生100年時代、というキーワードが、
たしかにいろんなところで見かけるようになっています。

人生100年・・と云われても、
特に喜ばしいこととは思えないのは、
やはり十分な収入などが考えられないから・・

年金についてはもう、
本当に支払われるのかどうか怪しい気もしています。

仮に支払われるとしても、
それを軸としてやっていくことができるのかはわかりません。

一生働く気持ちでいるのはもちろんですが、
それにしても、今から備えるほどの余裕もない人には、
人生100年もいらないなというのが本音です。

年を取って体が効かなくなったときに
頼りになるほどの投資信託などの資産を持っていられるのか・・

それにはいま、ある程度まとまった資産を持てているかどうかがカギかなと思います。

30万程度では投資資金としては小さすぎるとホリエモンがいっていたので。

-----------------------------------------

「貯蓄から投資へ」と言われていても、有価証券(株式や債券・投資信託)などの投資割合は13%ちょっと。普通預金、定期預金の貯蓄割合は、合わせて6割を超えています。一方、米国は日本と対照的で、日本銀行公表の「資金循環の日米欧比較」によると、現金預金が13%ちょっと、有価証券が5割強です。

金融庁の「平成29年2月家計金融資産説明資料」によると、1995年からの20年間で投資リターンによる金融資産の増加は、日本が約1.2倍なのに対して、米国はその倍の約2.3倍となりました。これは、貯蓄割合がもたらした1つの結果なのかもしれません。

(Yahoo!ニュース 個人---2018年10月19日)
-------------------------------------------------

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

楽天の投資をポイントでお試し

楽天証券は、もうかなりメジャーな存在ですね。

楽天ユーザーには、特に、
さまざまな宣伝がなされているので、知名度は抜群です。

楽天証券で投資することで得られるポイントももちろんだし、
楽天市場で買い物をした時のポイント付与率が高くなったりといろいろとメリットがあるので、
楽天ユーザーで投資に興味のある人なら見逃せないと思います。

ですが、なにより投資をするのが面倒で、
特に口座開設が面倒で投資をやってみていない人には、
ポイントを使って投資体験ができるサービスがあるそうです。

これなら、通常ポイントの200ポイントくらい使うとかして、
実際はじめてみるのも楽しそうです。

期間限定ポイントはもちろん使えないですが、
それでも体験としてみればいいかなと・・
これは、もしかしてポイントを増やしたいと
考えているひとに利用価値がありそうですよね。

ポイントは、もはや値上げや消費税アップに対抗する策ともいえるので、
試してみたいと思います。

-----------------------------------------

楽天市場などで買い物をしたときに貯まる楽天スーパーポイントを使って、投資体験ができるサービスが始まりました。その名も 「ポイント運用 by 楽天PointClub」。通常の投資と違って、証券会社に口座を開く手間もなく、「ポイント運用 by 楽天PointClub」のホームページにアクセスするだけで始められる手軽さが魅力。しかも100ポイント単位で運用して、引き出すときは1ポイントからOK。100ポイントから始めて、慣れてきたもう少しポイント数を増やすのもいいかも。

(ママスタセレクト---2018年10月19日)
-------------------------------------------------

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

小さな金額から買える投資信託

投資信託は、みんなの資産形成のために
必ず視野に入ってくるもののように最近かたられることが多いです。

投資信託であれば、
株式のように投資金額が高額じゃなくても、
小さい金額をたくさんの人が払うことで
大きな会社に投資できるので、成長がより見込める、と。

AmazonやJTなど、会社の規模や所在地に関係なく、
投資することができるのは夢があることではありますね。

ただ、投資する金額が小さければ戻ってくるものも小さいので、
そこは、元にしているお金が少しずつでも増えるのをじっと待つしかありません。

やはり始めるのは早いほどいいし、
いつも目を光らせていなくてもいいから、
経済状況もある程度把握する癖をつけて、
損をしないように見守っていくのがよさそうです。

ちょっとの金額でも自分が持っている=かかわっているのと、
そうでないのとでは、かなり違ってくる気がしますから。

-----------------------------------------

投資信託というツール(道具)を使えば、何億円もの資産を持つ富裕層でなくても、日本にいながらにして気軽に世界各国の株式に投資することができるようになっています。

 投資はお金持ちがするものというイメージがありますが、大部分の投資信託は1万円から買うことができます。最近では100円や1000円から買えるネット証券などもあります。また、毎月一定の金額で投資信託を自動的に購入していく「積み立て」というしくみも毎月100円や1000円から利用できます。これなら、コンビニで買うコーヒー1杯、ランチ1回分の金額ですから、気軽に投資できそうな気がしませんか?

(ダイヤモンド・オンライン---2018年10月10日)
-------------------------------------------------

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

女性活躍に着目した投信

女性活躍、という名前、
少し前に大臣にそういう人ができたりして、
なんか流行っているの?という感じです。

そういうのが必要なのかどうかすらわかりません。

女性が活躍する社会、
とはどういうものなのかのビジョンに、
共通して安定したものがないせいかもしれません。

女性が、とかでなく、人間はみんな平等に活躍のチャンスがあるのが本当ですし、
そこがあいまいなかんじがするのが、
この手の名前のよくないところのようにも思います。

そんな状況ですが、アメリカの投資信託で、
女性の活躍に着目した日本株の投資信託が投入されたとか。

日本株の投信が新規設定されるのが珍しいようなので、
もしかして分野別の投信では注目されているのかも。

女性をちゃんと活躍させる会社は、
そのためのシステムとマインドを整わせるので
イコール、今後、業績を伸ばせる会社である
という認識での投信なのかも。


-----------------------------------------

米運用会社BNYメロン・インベストメント・マネジメントは米国投資家向けに「女性の活躍」に着目した日本株の投資信託を投入した。銘柄を選別するアクティブ型で、日本株の投信が新規設定されるのは珍しい。財団や大学基金などで環境や社会問題に配慮した「ESG投資」の関心が高まっており、需要が見込めると判断した。

(日本経済新聞---2018年9月28日)
-------------------------------------------------

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR