NISA・ジュニアNISAの充実

NISAは、はじまった2年前よりもずっと環境が整っているようです。

最初は金融機関を一度決めれば動かせないとか、
CMが打たれているけど、いまひとつぴんとこないとか、
問題が世間的にあったと思いますが、
制度も整ってきたし、多くの会社が参入して、
それぞれが改正しあってこそのサービスですから、
もうだいぶ成熟してきたところでしょうね。

NISAも、宣伝しているのをみて関心があっても、
自分で調べてみても投資信託そのものを詳しく知らないと、
なかなか判断がつきにくいです。

しかし今であれば、NISAに関する参考サイトや本もたくさんあるので、
利益に税金がかからないというメリットを最大に生かすにはどうすればいいのか、など、
専門家の話を聞きながら、チャレンジしてみれそうな感じがします。


---------------------------------------------

2014年に始まったNISA、そして2016年に始まったジュニアNISAには、証券各社も積極的に取り組んでおり、ほとんどの証券会社がNISA口座・ジュニアNISA口座の開設を促進するキャンペーンを実施しているほどだ。投資未経験者にとっても、NISAやジュニアNISAは検討したい制度だろう。

「投資家の方、特に初心者の方が投資を始めるにあたっては、このNISA・ジュニアNISAの制度がある今はチャンスだと思います。業界をあげて、一般的に“敷居が高い”とされる投資に新しい人々を呼び込もう、始めたことがない人に始めてもらおう、全力でサポートします、と取り組んでいるわけです。まだ始めていない人はぜひ、まずは口座を開いてみてはいかがでしょうか」と牧氏。

ちなみに、マネックス証券はNISA・ジュニアNISA口座内の国内株式取引について、売買手数料を恒久的に無料にしており、投資経験者も注目したい。

(ZUU online- -2016/6/1)
---------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR