AIの前に自分の投資を知る

どういうことが資産につながるのか、
投資経験が浅いといまひとつピンときません。

少し前、ひさしぶりに自分の積み立て投信をのぞいてみたところ、
めずらしく、プラスになっていました。

いつもは赤字でマイナスがついているところが、青に。

もっときちんとした意味があるのだとおもうのですが、
あまり詳しくないまま、
進められてもった投資信託なので、
どうなっているのかいまひとつわかっていません。

が、基本の金額よりなにかがプラスで、
よい働きが起きていることはわかりました。

おそらく、これをその口数持っていると、
ちいさな数字のプラスがよりよいほうに働いて、
よいかたちになっていくのでしょう。

このように少しでもいいので、自分のもっているお金が増減しているという、
実感がわくことが、投資をしっかり考えて計画することができるというものですよね。

最近は、AIが指南してくれる投資信託なども話題になっていますが、
仕組みをちゃんと考えたこともないままでは、
指南方法が変わったからといって、何も変わる気がしないですね。

---------------------------------------------
白木 まだ運用という点では、AI、ビッグデータの活用は黎明期にあり、市場の複雑さを完全に把握しているわけではない。例えば今回、ヤフーの良質なマルチビッグデータや国内最高峰の頭脳集団である、マグネマックス・キャピタルマネジメントの力を借りることで、より精緻なマーケットの分析が可能となる。過去のデータによる予測だけでなく、一歩進めて一見何の理由で買われているか分からない株価変化の解析も射程圏にある。ロボットアドバイザーに関しても、現時点ではシンプルだが、今後は個人の保険や日々の支払いなど詳細なデータを取り込んで、将来のライフスタイルを予測し、それが個人資産の適切な管理につながることになる。これまでの延長線ではなくて、テクノロジーを活用した資産運用の部分を大きく変える一歩としてこの商品を提供することができたと思う。

(株探ニュース 2016年11月25日)
-----------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR