FC2ブログ

個人向けAI投信が普及

個人向けAI投資サービスは普及してきていて、
企業系の金融機関の参入も進んでいるとか。

人ではなくAIが運用する投資サービスということですよね。

AIの開発にはお金がかかりそうですが、
人件費が省けるということや、
あとは、データ蓄積からの判断なので無駄な材料に判断をゆさぶられない、
という利点もあります。

たぶん利点ばかりではなくて、
なにかしら困ることもあるのだと思いますが、
いまのところ、魅力的なポイントが多そうですね。

投信に詳しくない人にもしっかり提案してくるところがよいと思います。

ただ、個人的にはAIが運用する投信を購入するかとなると、
今はまだ、ちょっと躊躇するところがあります。

---------------------------------------------
ウェルスナビは、最低100万円から運用をスタートすることができ、年齢や年収など簡単な質問に答えるだけでポートフォリオが自動的に決定されます。無料診断をやってみると、20代、年収300万円から500万円、資産額500万円未満、余裕資金を着実に運用、大幅な下落時にも何もしない、を選択した結果、米国株が約35%、日本・欧州株が約32%、新興国株が約13%、金が10%、米国債券が5%、不動産が5%というポートフォリオが提示されました。

 実際に口座を開設すれば、このポートフォリオに合わせてETF(上場投資信託)の買い付けが行われ、ポートフォリオのリバランス(内容の見直し)についても自動で行われますから、投資家は基本的にほったらかしでOKです。

 手数料は資産残高が3000万円までは資産額の1%、3000万円を超える分については0.5%となっています。ただし、ETFそのものにも運用手数料がかかっており、運用資産の中から控除されています。

(THE PAGE 2017年1月10日)
-----------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR