金融商品のランキングはあてにしない

投資信託をすすめる金融機関で、
「おすすめ」をきくのはマチガイだそうです・・

そうなんですね。

料理がおいしいお店とかは、レビューが大切で、
ランクインしているのがおいしさや新鮮さの目安になるのは確かですから、
レビューをあてにするのは大事だと思います。

でも、投資信託については、
自分の目指す資産目標や、
出費や入金なども自分がいちばんわかっているので、
一般的なおすすめを意識するのではなく、
自分にあったものを選ぶのが大切、ということですよね。

金融機関がすすめるのは、お客の利益が大きいものではなく、
自分の店にとって利益が大きくなるもの、
と考えるのがよいのかも。

つまり販売手数料を多く取れるものとかですね。

そういうこともあり、私はネット証券で投資信託を購入していますし、
購入している投資信託は全てノーロード(販売手数料無料)のものです。

---------------------------------------------
しかし、金融商品のランキングはそれとはまったく異なります。数多くの金融商品の中から独力で優れた商品を選べる人はかなり限られます。圧倒的に多くの人にとって金融商品の優劣を自力で判断することは難しいのです。そんなお客様が金融機関の営業担当者のお勧めに沿って選択したランキング上位の人気商品は良い商品だと信じてよいのでしょうか。

金融商品の人気ランキングというものは、お客様が主体的に「買いたい!」「この商品はすばらしい!」と判断して選ばれたものではなく、金融機関側が「売りたい!」と思って顧客に提案した結果としてできあがったものと考えておくべきです。

(東洋経済オンライン 2017年2月24日)
-----------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR