FC2ブログ

投資信託と人々のイメージ

なんとなく金融商品に「儲かる」というイメージを持っている人がいる半面、
なんとなく「コワイ」とか「関心を持たないようにしよう」という人もいる気がします。

それはたぶん、ずっと昔から、
投資はあまりよくない・危ない、
といったイメージを持ってきた文化のせいもあるのかもしれないですね。

しかし昨今の投資をすすめる風潮からか、
アンケートをとってみると、意外と株式、投資信託、外貨への投資と、
きちんと投資のイメージを持っている人が多いようです。

無駄に恐れることなく、
きちんとした知識を持って投資に向かい合うのは大事ですね。

投資に良くないというイメージの払しょくをするためか、
日本政府もNISAやイデコという制度を導入して
積極的に投資をするようにともっていってますよね。

株式へ向かえば日本株も上がるので
日本政府としては経済が好調と言う証拠としても使えるという側面も無きにしも非ずですが。

それと、イデコやNISAは、
これからは年金は自分で積み立てるという方向へ持っていくための
布石的な制度にも思えなくもないですが。

---------------------------------------------
全国の20歳~79歳の男女1,000名(全回答者)に、現在、金融投資しているものを聞いたところ、最多回答は「日本株式」で17.5%、次いで、「投資信託(「REIT」以外)」9.5%、「外貨(外国為替証拠金取引(FX)を含む)」6.3%が続いた。同様に、現在、金融投資の対象として関心のあるものを聞いたところ、最多回答は「日本株式」で23.6%、次いで、「金(ゴールド)・プラチナ」15.5%、「外貨」14.3%、「投資信託」11.4%が続いた。「外国株式」は、現在投資している人が2.1%、投資対象として関心を抱いている人が5.2%となっている。

株式投資の状況を年代別にみると、「現在投資している」割合は20代で8.2%と、60代・70代(26.6%)などと比べると低いものの、「現在投資していないが、関心がある」割合(45.5%)を足すと53.7%で、そのほかの年代よりも高くなった。

(投資信託の投信資料館 2017年4月12日)
-----------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 資産運用について
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR