FC2ブログ

テーマ型投信は危険?

テーマ型投信というのは、
介護施設とか、AI関連とか、
その対象が有望だと思えば資金を投じるということで、
投資としてはわかりやすい感じがするのですが、
急な値上がりがあって、そこが魅力といいます。

しかし、どうやら高い成長が見込めるというのには限界があるのだそうです。

どうしてでしょうね。
なんとなく思うのは、その業界にかげりがあると、
いっきに価値が下がりそうだなという感じはします。

たとえば、悪いうわさが立つとかして、
日本国内でのイメージがいっきに悪くなるとか。

国内とも限らないかもですが、
分散して投資するのがベストといわれている投資信託が、
原理的に偏りがある投資になってしまうので、
そこが問題あるかも?という気はしますね。

そういえば、以前、資源関連、農業関連、インフラ関連などの
テーマ型投資信託が立て続けに設定されて人気になった時期がありました。

確か、リーマンショック以前のことだったと思います。

それらの投信は今はどうなっているのでしょうか。

--------------------------------------------
AI、IoTなど特定分野の株に集中投資する「テーマ株投信」が人気だ。急な値上がりが魅力だが、専門家は「買ってはいけない」と指摘する。

「担当者は『この先も高い成長が見込める』と言ってたんですが、買ったときがピークでした」

 こう話すのは千葉県在住の67歳の男性Aさん。3年前に勧められるがまま購入したのは、先進国の製薬会社やヘルスケア関連企業、バイオベンチャーなどに投資する投資信託(ファンド)だった。

(アエアラドット 朝日新聞出版--2018年7月4日)
--------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 投資信託
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR