FC2ブログ

人生100年時代の投資

人生100年時代、というキーワードが、
たしかにいろんなところで見かけるようになっています。

人生100年・・と云われても、
特に喜ばしいこととは思えないのは、
やはり十分な収入などが考えられないから・・

年金についてはもう、
本当に支払われるのかどうか怪しい気もしています。

仮に支払われるとしても、
それを軸としてやっていくことができるのかはわかりません。

一生働く気持ちでいるのはもちろんですが、
それにしても、今から備えるほどの余裕もない人には、
人生100年もいらないなというのが本音です。

年を取って体が効かなくなったときに
頼りになるほどの投資信託などの資産を持っていられるのか・・

それにはいま、ある程度まとまった資産を持てているかどうかがカギかなと思います。

30万程度では投資資金としては小さすぎるとホリエモンがいっていたので。

-----------------------------------------

「貯蓄から投資へ」と言われていても、有価証券(株式や債券・投資信託)などの投資割合は13%ちょっと。普通預金、定期預金の貯蓄割合は、合わせて6割を超えています。一方、米国は日本と対照的で、日本銀行公表の「資金循環の日米欧比較」によると、現金預金が13%ちょっと、有価証券が5割強です。

金融庁の「平成29年2月家計金融資産説明資料」によると、1995年からの20年間で投資リターンによる金融資産の増加は、日本が約1.2倍なのに対して、米国はその倍の約2.3倍となりました。これは、貯蓄割合がもたらした1つの結果なのかもしれません。

(Yahoo!ニュース 個人---2018年10月19日)
-------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR