FC2ブログ

小さな金額のiDeco

iDecoにしても、他の積立投信についても、
少額で行えるのは確かですが、
あまりにも金額が小さいと、
その積立を維持するための口座維持にかかる手数料や、
その周辺の手数料、たとえばお金を銀行から移動させるときにかかる小さな手数料の加算など、
小さな積み重ねの経費がバカにならないという結果になるかも。

それを意識しないで、
自分が数千円ずつ積み立てをしているような安心感を得てだけいると、
結果としては、なにもしないで資金をおいておいたほうがよかった、
ということになりかねません。

小さな資金を有効に使おうと考えているひとは、
この辺の注意は必要ですね。
ちゃんと計算しておきましょう。

-----------------------------------------

2つ目は、「手数料負け」によって節税効果以上のコストがかかってしまうパターンです。iDeCoでは月々5000円からの拠出が可能です。とはいえ、所得税や住民税の課税が少ない方の場合は、拠出額を最小限にとどめると、節税額以上に口座維持に手数料が取られる可能性があります。

それこそ、iDeCoで「拠出時」と「受取時」に、それぞれ手数料がかかります。拠出回数が多い人、受け取りを複数回に分けた人ほど手数料がかかります。

(マイナビニュース---2018年12月15日)
-------------------------------------------------
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お金の勉強
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hirosky

Author:hirosky
FC2ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR